お花の種の再生紙、シードペーパー

紙から芽が出るワクワク感。緑を育てるオリジナルノベルティです

オーガニックコットンの種まきをしました

2016年4月19日

いよいよ種まきです。

5月中旬頃が種まき時期ですが、少し早めにやってみることにしました。

まずは準備から。

準備するもの

・コットンの種

・培養土

・育苗用ポリポット

・ココヤシポット

 

今回は、育苗して植え替えることにするため、育苗ポットに種まきをします。

コットンは植え替えを嫌うため、育苗ポットにココヤシポットを入れて二重にしました。

ココヤシポットは、根を通すため、植え替える時にそのまま土に植えられます。

また、ココヤシポット自体が水を含むので、乾きにくいのでおすすめです。

 

ココヤシポットがない場合は、育苗ポットの底に十字に切り込みを入れて、根が出るようにすれば育苗ポットのまま鉢やプランターに移植することができます。

 

もちろん、地植えや鉢やプランターに直接種まきすることもできます。

鉢植えの場合は、25cm以上の鉢を用意します。

 

アルカリ性の土を好むコットン。鉢やプランター用の一般的な培養土は弱酸性なので、少量の石灰を入れよく中和してから使用します。元肥として、堆肥や鶏糞などの有機肥料をすき込みます。

準備ができたので種まき!

コットンは、種も綿毛に包まれていて、フワフワしています。

このままでは水を吸いにくいので、種を水のなかでよく揉み、種まで水がよく浸透するようにします。

こんな風に、育苗ポットとココヤシポットを二重にしました。

準備した培養土を入れ、種まき。

1〜2cmほど土に埋めます。深すぎると発芽しないので注意が必要です。

2週間ほどで発芽する予定です。

発芽適温が20℃~25℃なので、夜冷えるようなら屋内に入れることにします。

発芽までは乾かないように、表土が乾いたらたっぷり水やり。

芽が出るのが楽しみです!

(c)2009-2017 Greensticks, SOUP Inc. All rights reserved