植物の種のノベルティ「グリーンスティック」「シードペーパー」

紙から芽が出るワクワク感。緑を育てるオリジナルノベルティです

オーガニックコットンを、鉢やプランターに植え替えました。

2016年5月13日

本葉も出てきたので、植え替えをします。

いくつか苗があるので、鉢とプランターに植え替え、スタッフもそれぞれ持ち帰り、自宅でも育ててみることに。

植え替えの際に注意すること

コットンは植え替えを嫌うこと、また、共生菌を維持して移植するために、育苗ポットのまま植え替えます。
今回は育苗ポリポットに、ココヤシポットを二重にしました。

ココヤシポットは、写真のように、底から根が出てくるので、育苗ポリポットのみをはずして植え替えました。
ココヤシポットがない場合は、ポリポットの底に十字に切れ込みを入れて、根が出るようにします。

また、苗が大きくなりすぎると、根づきにくく、よく育たないことがあります。
本葉が2枚くらいまでの間に植え替えます。

プランターへ植え替え

長さ約62センチのプランターに二つの苗を植えました。

今後は、雑草の生育が盛んになり、虫も出てきます。
オーガニックコットンを育てるので、科学肥料や除草剤、殺虫剤はもちろん使いません。
手で取る、こまめなお世話が大事です。

 

4月~5月は、風が強い日が多いですね。
海から徒歩3分という立地のSOUP Inc.は、嵐のような海風が吹き抜ける時があります。
植え替えたら、少し早めに支柱を立てた方がいいかもしれません。

(c)2009-2017 Greensticks, SOUP Inc. All rights reserved