2017年06月15日(木)

水をあげても芽が出ない・・

 「毎日、水をあげているのに芽が出ないわ。」
というお電話をいただきました。

お嬢様から届いた母の日のプレゼントの胡蝶蘭に一緒についてきたそうで、
「なぜ?」「せっかくだから楽しみたい」と
連絡先の弊社の電話番号にかけてくださったとのことです。


そんなとき

「芽が出るまでは室内で、ラップや新聞をかけてみてください」

とお答えしています。

小さなタネは、強い日差しや雨、風の影響を受けやすく、

朝晩水をあげても、土や紙の部分がすぐに乾いてしまいます。

種を発芽させるためには湿った土を保つ必要があります。
発芽には、ほぼ日光は必要ないので
(パセリなど必要な品種もあります)、
室内のほうが湿り気を管理しやすいのです。

そして、発芽して双葉が出たら、そろそろ半日陰くらいの屋外に出します。
いきなり真夏の直射日光は避けてくださいね。


ひとことアドバイス

発芽まではぜったいにシードペーパーやグリーンスティックを乾かさないでください。

2017/06/15 10:39 | 種のこと、植物のこと | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のトラックバックURL:

トラックバック

この記事へのトラックバック:水をあげても芽が出ない・・

  • 現在登録されているトラックバックはありません。

コメント

  • 投稿されたコメントはありません。

コメントを投稿

この記事コメントはブログ管理者が承認するまで表示されません。
メールアドレスは公開されません。
※印は必須入力です。

名前※
メールアドレス
URL
コメント
画像認証
※上の画像に表示されている英数字を入力してください

(c)2009-2017 Greensticks, SOUP Inc. All rights reserved