お花の種の再生紙、シードペーパー

紙から芽が出るワクワク感。緑を育てるオリジナルノベルティです

2014年05月13日(火)

シードペーパーのタネの種類と使い方

先日の「母の日」にシードペーパーを配布した

ショッピングモールのお客様から

多くお問い合わせをいただいています。ありがとうございます。

ご質問の多い順にお答えいたします。

①シードペーパーのお花の種類

11種類の花の種がランダムに入っています。

Sweet William Pinks ナデシコ
Rocket Larkspur ラークスパー(ヒエンソウ)
Candytuft キャンディタフト
Baby Blue Eyes ネモフィラ ベビーブルーアイ
Five Spot ネモフィラ ファイブスポット
Corn Poppy ひなげし
Forget-Me-Not わすれな草
Wallflower ウォールフラワー(ニオイアラセイトウ)
Columbine  オダマキ
Zinnia 百日草
Lemon Mint レモンミント

②鉢の大きさ

いろいろな花の芽が次々出てきますので、直径15cm以上の鉢(5号以上)をおすすめします。

四角いプランターでももちろんかまいません。

③栽培上の注意事項

ひと晩以上、シードペーパーを水につけたら翌日鉢に植えます。

土はガーデニングショップなどで手に入る柔らかめのものがおすすめです。

鉢を土でいっぱいにし、シードペーパーを置いたら、その上に5ミリほど土をかぶせます。

水をたっぷりあげます。

発芽まではつねにシードペーパーが湿った状態を保ってください。
(ラップなどで保湿するのもおすすめです)

※日当りが良すぎるとシードペーパーが乾いてしまいますので、

乾かさないようにご注意ください。

2014/05/13 15:18 | シードペーパー | コメント(0)

コメント

  • 投稿されたコメントはありません。

コメントを投稿

メールアドレスは公開されません。
※印は必須入力です。

名前※
メールアドレス
URL
コメント
画像認証
※上の画像に表示されている英数字を入力してください

(c)2009-2017 Greensticks, SOUP Inc. All rights reserved